釣果検索

  • 対象魚を選ぶ

  • 都道府県

  • 釣り人

  • 釣り方

  • 条件をクリア

2020年03月26日 (木曜日)
クロダイ・チヌ(フカセ釣り) / 静岡県浜名湖 新居 / ウキフカセ / フィールドスタッフ石黒 昌浩

釣り人 フィールドスタッフ石黒 昌浩
釣行日時 2020年03月26日 (木曜日) 13:30〜15:30
対象魚 クロダイ・チヌ(フカセ釣り)
釣り場 静岡県浜名湖 新居
天候 晴れ
潮回り 中潮
水温 13℃

釣果

クロダイ・チヌ /9尾 /31cm〜45cm

釣り方

ウキフカセ

タックル

ロッド チヌ竿MH-5.0m
リール 2500LBD
ライン 1.75号
ウキ 棒ウキ2B
オモリ
ハリス 1.0号
ハリ 2号〜号

釣果写真

コメント

午前に弁天島でバラシ連発しましたので、早目の昼休憩と共に気分転換に場所移動し残りのコマセを使い切ろうと思いましたが、準備しながらコマセを打ち返すと水深1ヒロの海底にギラギラ光る魚体が見え、多分、ボラか何かかと半信半疑1投目を投入するといきなり浮きが綺麗にシモリ水中に引き込まれました。
完全に不意を突かれ合わせが大幅に遅れましたがなんとか唇皮一枚にフッキングしていました。
水深も深場で2メートル弱(干潮時)でやり取りに手こずりましたので、魚が散ってしまったかな?と思いきや15分後に2枚目が釣れそれから5分~10分おきに釣れ14:30までに9枚ゲット2枚バラシでほぼ毎投当たっていました。
基本通りのコマセワークとチヌ牧場への仕掛けの流し込みが短時間での複数枚釣果に繋がったと思います。
上げ潮は、潮が複雑にヨレルポイントや沖へ流れ出るポイントやダラダラ横流れしてしまうポイントと絞り込むのが難しそうですが、安定して流れた状態のヨレからの巻き込み潮が本命潮になりそうな予感です。
まだ、水温が低めでしたのでノッコむまでは釣査出来そうなポイントです。

使用エサ

配合エサ:「チヌベスト白」 「チヌパワー(徳用)」 「チヌパワースペシャルMP」 「オカラだんご」

付けエサ:「くわせオキアミスペシャル」 「くわせオキアミ食い込みイエロー」

ヒットエサ:「くわせオキアミスペシャル」 「くわせオキアミ食い込みイエロー」

セレクトした配合エサ、付けエサの選択理由と期待する効果、実際の感想など:
水深は午前のポイントと大差なく流れは少し緩やかでしたので、コマセの投入時に固め過ぎない様に打ち込みました。 配合には、オキアミブロックを使用せずミックススライス(クラッシュオキアミとアミエビ)を使用しましたので、付け餌の「くわせオキアミスペシャル」と「くわせオキアミ食い込みイエロー」は鈎に付ける際に頭部と尾鰭を取り小鈎にコンパクトに付けるようにしました。 流れは有るもののタナは付け餌が底トントンになっている状態からの掛け合わせですので吸い込みの良いコンパクトな付け餌の方がフッキングし易いのかと感じました。 後半は取り込みの際に口から「大量のムギ」を吐き出していましたので、ブレンドに「チヌパワームギスペシャル」や「爆寄せチヌ」も効果アップに期待できると思います。

※この記事の情報(釣果や釣り場、釣りエサ等)は、当時の情報に基づいたものです。