釣果検索

  • 対象魚を選ぶ

  • 都道府県

  • 釣り人

  • 釣り方

  • 条件をクリア

2020年12月20日 (日曜日)
クロダイ・チヌ(フカセ釣り) / 三重県四日市市霞一文字沖堤防 / ウキフカセ / フィールドスタッフ石黒 昌浩

釣り人 フィールドスタッフ石黒 昌浩
釣行日時 2020年12月20日 (日曜日) 7:30〜15:30
対象魚 クロダイ・チヌ(フカセ釣り)
釣り場 三重県四日市市霞一文字沖堤防
天候 晴れ→曇り
潮回り 中潮
水温 9℃

釣果

クロダイ・チヌ /1尾 /48cm〜cm

釣り方

ウキフカセ

タックル

ロッド チヌ竿MH-5.0m
リール 2500LBD
ライン 1.75号
ウキ 棒ウキ超遠投小5B
オモリ 5B+2B
ハリス 1.0~1.25号
ハリ 1号〜2号

ポイント図

釣果写真

コメント

ここ近年の青物フィーバーも落ち着き、ルアーマンが少なくなったので、朝は通常の6:30出船で沖堤防に。到着後ポイント団子を投げ込み、綺麗な朝陽を見ながらコーヒータイムで仲間とまったりしスタートしました。
ファーストヒットは最年少12歳の浮きダンゴ名人が早々に47㎝のパワフルチヌをゲットし、次々と仲間がチヌを上げていく中、完全に的外れな中層狙いから入った自分は餌取りのカサゴも釣れない状況でした。
昼休みのおでんタイムを挟み、仲間から棚や餌の情報を貰い、午後からは基本に忠実にポイント釣法を開始しました。フグの猛攻で鈎を大量消費しましたが、難とか2時過ぎに48センチのナイスコンディションなパワフルチヌをゲット出来ました。
水温が下がりましたが、堤防にはカラス貝のミジがびっしり付着していますので、潮位が高い時には天候(太陽)次第でチヌが浮くような感じにも思えたので棚の調整は未だ難しいい状況です。
仲間全員で8枚と全員安打も達成でき、釣れたチヌも全て綺麗なコンディションの良い魚体でしたので、もうしばらくはこのポイントも釣れるのではと期待して年明けの初釣りは楽しみたいと思います。

使用エサ

配合エサ:「チヌパワー日本海」 「ナンバー湾チヌⅡ」 「チヌパワースペシャルMP」

付けエサ:「くわせオキアミスーパーハード(L)」 「くわせオキアミ食い込みイエロー」

ヒットエサ:「くわせオキアミスーパーハード(L)」

セレクトした配合エサ、付けエサの選択理由と期待する効果、実際の感想など:
今回も底を意識した「重く」「まとまる」配合でしたが、流れが緩くピンポイントにフグを集めてしまった感がありましたので、途中に海水を足し。少し緩めのコマセに変更し、フグを散らして本命の当たりを待ちました。

※この記事の情報(釣果や釣り場、釣りエサ等)は、当時の情報に基づいたものです。