釣果検索

  • 対象魚を選ぶ

  • 都道府県

  • 釣り人

  • 釣り方

  • 条件をクリア

2019年04月06日 (土曜日)
コイ / 秋田県八郎潟 / 吸い込み(コイ) / フィールドスタッフ橋場 信幸

釣り人 フィールドスタッフ橋場 信幸
釣行日時 2019年04月06日 (土曜日) 7:00〜12:00
対象魚 コイ
釣り場 秋田県八郎潟
天候 曇り→時々雨
潮回り 大潮
水温 5℃

釣果

コイ /8尾 /40cm〜60cm最大3kg

釣り方

吸い込み(コイ)

タックル

ロッド 鯉竿 5.2m
リール スピニング 5,500番
ライン 8号
ウキ なし
オモリ 30号
ハリス 6号
ハリ フカセ針14号〜号

釣果写真

コメント

残雪の山なみを湖面に映す北国、八郎潟。雪解けが早い割には水温が上昇しない今春。気温が上昇を始める午前7時に蒔き餌としてピンポン玉大のダンゴ餌を5個投入。仕掛けの本餌はテニスボール大として空針をダンゴへ刺し込む。南寄りの強風が吹き始めた午前9時に40㎝台が発生。以後、散発ですか手返し毎に午後10時頃までサイズは伸びないもののアタリは続きました。低水温の渋い状況でもマルキューアイテムの選択によりアタリ優先の鯉が成立。4月ですが朝方は0℃を下回り、バケツに薄氷が張りました。万全な防寒対策も肝要な平成最後の春鯉がスタートです。

使用エサ

配合エサ:「鯉パワー神通力」(2)  「セット専用バラケ」(1) 「アミノ1スプレー(ウマミ)」適宜

付けエサ:なし(空針)

ヒットエサ:

セレクトした配合エサ、付けエサの選択理由と期待する効果、実際の感想など:
低水温により粉餌への反応が難しいためバラケと吸込み易さとアピール性を重視した『神通力+セット専用バラケ』の配合。少しずつ加水しながら手水で外側を硬く握ります。付けエサは無しで比重の軽い小針を刺し込み吸込み易さを優先。投入前に『アミノ1スプレー』を吹き掛けて強力アピール

※この記事の情報(釣果や釣り場、釣りエサ等)は、当時の情報に基づいたものです。