釣果検索

  • 対象魚を選ぶ

  • 都道府県

  • 釣り人

  • 釣り方

  • 条件をクリア

2019年04月29日 (月曜日)
コイ / 秋田県八郎潟 / ボイリー(コイ) / フィールドスタッフ橋場 信幸

釣り人 フィールドスタッフ橋場 信幸
釣行日時 2019年04月29日 (月曜日) (~2日間) 12:00〜15:00
対象魚 コイ
釣り場 秋田県八郎潟
天候 曇り→雨
潮回り 若潮
水温 13℃

釣果

コイ /10尾 /40cm〜75cm最大5kg

釣り方

ボイリー(コイ)

タックル

ロッド 鯉竿5.2m
リール スピニング5,000
ライン 8号
ウキ
オモリ 30号
ハリス 6号
ハリ 14号〜号

釣果写真

コメント

寒風山へ続く沿道を満開の桜と菜の花が彩る北国、八郎潟。スタートは活性の把握を重視した『鯉パワー神通力』+『鯉夢想』をピンポン玉大の蒔き餌として5個投入。ダンゴ餌も同じ配合をテニスボール大とし、喰わせはオレンジパンチ 14mmへ『アミノ1スプレー』を吹き掛けて強力アピール。天候に恵まれ、1時間程度で40㎝台がヒット。手返し毎に50台以下のヒットより高活性を確認できた後はオレンジパンチ 18mmへシフト。アタリは減少しましたがボイリーサイズのシフトにより今回の最大寸を獲ました。天候が雨と強風に変わると一気にアタリが停止。まだまだ天候に大きく左右される春鯉。八郎潟はこの時期、水位が上昇しますので足場に注意が肝要な時期となります。

使用エサ

配合エサ:『鯉パワー神通力』(1)+『鯉夢想』(1)+水(1)を馴染ませてから少量の手水で簡単に締まります。

付けエサ:『クレデンスボイリーオレンジパンチ 14mm・18mm』+『アミノ1スプレー(ウマミ)』適量

ヒットエサ:『クレデンスボイリーオレンジパンチ 14mm・18mm』

セレクトした配合エサ、付けエサの選択理由と期待する効果、実際の感想など:
スタートは『クレデンスボイリーオレンジパンチ 14mm・18mm』で活性をみながら18mmへシフトすることでサイズアップを狙いました

※この記事の情報(釣果や釣り場、釣りエサ等)は、当時の情報に基づいたものです。