釣果検索

  • 対象魚を選ぶ

  • 都道府県

  • 釣り人

  • 釣り方

  • 条件をクリア

2019年05月11日 (土曜日)
マダイ / 新潟県粟島 / ウキフカセ / フィールドスタッフ薄木 由明

釣り人 フィールドスタッフ薄木 由明
釣行日時 2019年05月11日 (土曜日) 5:00〜11:00
対象魚 マダイ
釣り場 新潟県粟島
天候 晴れ
潮回り 中潮
水温 14℃

釣果

マダイ /5尾 /40cm〜67cm最大4kg

釣り方

ウキフカセ

タックル

ロッド 磯竿 1.5号-5.3m
リール LBD-3000
ライン 3.0号
ウキ みねうき
オモリ 3B
ハリス 3.0号
ハリ グレ針-6号〜グレ針-8号

ポイント図

釣果写真

コメント

前日乗込みをした二日目の釣果報告となります。
前々日まで大時化が続き、乗込みした初日の海水温は時化前の15~16度から急低下し13度でした。
海の色は透明でいかにも冷たいといった感じでした。
一日、竿を出しても一度もエサをとられることはなく、当然、何の魚も食ってきませんでした。
天気が良かったことと潮流もほとんどなかったため、二日目には海水温度が上がる期待を持って挑みました。
朝一番からエサを取られることが多少あり、期待をしていたところに小型のマダイが数枚食ってきました。
食い始めてから約30分程度で40cm台~70cm弱のマダイが複数枚食ってきました。
しかし、海の色が前日同様の透明色に変貌し、その後の状況は前日と同じ結果となりました。
海水温度が13度であってもマダイは水温変化には強いので食ってくることもありますが、水温変化が急降下した時点ではなかなか口を使ってくれません。この低水温が数日続くか、もしくは上昇傾向になれば多くのマダイが食ってくる状況となります。

使用エサ

配合エサ: 使用した配合エサは ①「グレパワー」、②「グレパワーV11」、③「グレパワーVSP」 を3枚の生オキアミ3kgに配合しました。 ①「グレパワー」は生オキアミの腐食防止効果があるので生オキアミに最初にまぶしました。 ②「グレパワーV11」はペレット効果を期待して視覚的刺激を与えようと考えました。 ③「グレパワーVSP」はまとまりの良さと遠投性に効果があり、さらに集魚効果が高いことから使用致しました。 各配合の分量は、①「グレパワー」は生オキアミ全体にいき渡る程度、②「グレパワーV11」と③「ブレパワーVSP」はそれぞれ1/2程度を基本として風や波、視覚効果の必要性により適宜さらに加えるようにしました。

付けエサ: 使用した付けエサは、 ①「くわせオキアミスペシャル(L)」、②「くわせオキアミスーパーハード(L)」 を使用しました。 今回の釣行ではエサ取りはほぼ皆無でしたので、①「くわせオキアミスペシャル」のみで釣りを行いました。 東北の日本海はエサ取りが非常に多いため、そのエサ取りから少しでもエサを残すことを狙って②くわせオキアミスーパーハードを準備したのですが使用せずで終始致しました。

ヒットエサ:①「くわせオキアミスペシャル(L)」

セレクトした配合エサ、付けエサの選択理由と期待する効果、実際の感想など:
今回の釣行では海水温度の急低下で本命のマダイのアタリはほんの一瞬で終始してしまいました。 したがって、自分が使用した各配合剤や付けエサが狙いどおりになった結果であるかどうかは明らかではないが、次のマダイ釣りで結果を出したいと思っています。

※この記事の情報(釣果や釣り場、釣りエサ等)は、当時の情報に基づいたものです。