釣果検索

  • 対象魚を選ぶ

  • 都道府県

  • 釣り人

  • 釣り方

  • 条件をクリア

2019年06月05日 (水曜日)
クロダイ・チヌ(フカセ釣り) / 神奈川県久里浜沖東電堤防 / ウキフカセ / フィールドテスター宮永 敏彦

釣り人 フィールドテスター宮永 敏彦
釣行日時 2019年06月05日 (水曜日) 5:30〜12:00
対象魚 クロダイ・チヌ(フカセ釣り)
釣り場 神奈川県久里浜沖東電堤防
天候 晴れ
潮回り 大潮

釣果

クロダイ・チヌ /1尾 /cm〜43cm

マダイ/1尾 /cm〜26cm/

釣り方

ウキフカセ

タックル

ロッド 磯竿0.6号5.3m
リール レバー式2500番
ライン ナイロン1.5号
ウキ 円錐L000号
オモリ 無し
ハリス 1.2〜1.5号
ハリ チヌ2号〜3号

釣果写真

コメント

マルキューチヌスタッフ情報交換会が開催され、私にとって初めてとなる久里浜沖東電堤防で竿を出すこととなりました。
現地に詳しいチヌスタッフの話では、堤防の外側、内側とも狙えるとのことでしたが大半のスタッフは外側に釣り座を構えております。
ポイントセレクトに迷いましたが、底釣りをしたかったので根が荒く潮が通す外側はパスして、海底がフラットな砂地が広がる内側を狙いました。
回遊するクロダイをマキエで足止めさせてポイントを作るイメージで、断続的にマキエを遠投して打ち込み、複数の付けエサをローテーションさせて狙うとアジ、チャリコ、フグなどがハリガカリしてきますが、さほどうるさい状態ではありません。
そして開始2時足らずで、手ごたえあるヒットで竿が引き込まれてますが、ハリスに傷があったのか残念ながらハリス切れのバラシ。
その後10時頃に荒食いブラウンで狙っていたところ、遂に本命魚がヒット。ゆっくりしたヤリトリを心掛けて無事取り込んだのは、43cmのクロダイでした。
当日、他のスタッフはクロダイだけでなく良型アジやカサゴなど沢山の魚種を釣りあげており、何かと楽しみ多い釣り場であることを実感しました。

使用エサ

配合エサ:「チヌパワーVSP」1袋、「爆寄せチヌ」1袋、「チヌパワースペシャルMP」1袋、「ニュー活サナギミンチ激荒」2袋

付けエサ:「くわせオキアミスーパーハード(L)」、「くわせオキアミ食い込みイエロー」、「荒食いブラウン」、「ガツガツコーン」

ヒットエサ:「荒食いブラウン」

セレクトした配合エサ、付けエサの選択理由と期待する効果、実際の感想など:
遠投、底釣りを意識し、海水を少しずつ加えながら両手で練り込み、投入したマキエが塊のまま飛ぶように調整。実釣では追い風もあり、40〜50メートル沖を難なく攻めることが出来ました。

※この記事の情報(釣果や釣り場、釣りエサ等)は、当時の情報に基づいたものです。