釣果検索

  • 対象魚を選ぶ

  • 都道府県

  • 釣り人

  • 釣り方

  • 条件をクリア

2019年05月01日 (水曜日)
クロダイ・チヌ(フカセ釣り) / 大分県佐伯市鶴見の磯 / ウキフカセ / フィールドテスター淺野俊彦

釣り人 フィールドテスター淺野俊彦
釣行日時 2019年05月01日 (水曜日) (~4日間) 6:00〜15:00
対象魚 クロダイ・チヌ(フカセ釣り)
釣り場 大分県佐伯市鶴見の磯
天候 晴れ→曇り
潮回り 中潮
水温 18℃

釣果

クロダイ・チヌ /12尾 /40cm〜52.2cm

釣り方

ウキフカセ

タックル

ロッド 磯竿0.6号
リール 2000LBD
ライン 1.5~1.75号号
ウキ 00~5B
オモリ G3~5B
ハリス 1.5~2.0号
ハリ チヌ針3号号〜号

ポイント図

釣果写真

コメント

GW休暇を利用してクラブの仲間と4泊5日で大分県鶴見の磯へチヌ釣り合宿へ行って来ました。
事前情報では、チヌの食いは最高っ!とのことでしたが・・・
実際のところ竿を出してみれば、思いの外に食いは渋く、夢に見た大釣りとまでは行きませんでした。
原因としては、連休前に降った雨の影響が強く。流入河川からの真水と濁りを嫌っての低活性でわないか?との情報でした。

それでも、大型チヌの宝庫としても名高い鶴見の磯。
アレコレ試行錯誤すれば良い釣果にも繋がります☆
結果的には、52㎝の大型チヌを筆頭に40㎝オーバーが12枚。
仲間4名×4日の釣果を合わせれば100枚近い釣果となりました。
同地では、今年9月のM-1カップ決勝大会も開催されます。
チヌの数釣りとなるのか?それとも大型チヌの型勝負となるのか?
今後の大分県鶴見の磯に注目です☆

使用エサ

配合エサ:「チヌパワームギスペシャル」×2 「チヌパワーVSP」×2 生オキアミ3㌔×2

付けエサ:「くわせオキアミV9(L)」 「くわせオキアミスーパーハード(L)」 「エサ持ちイエロー」

ヒットエサ:「くわせオキアミV9(L)」 「くわせオキアミスーパーハード(L)」 「エサ持ちイエロー」

セレクトした配合エサ、付けエサの選択理由と期待する効果、実際の感想など:
鶴見のチヌ釣りは初挑戦だったため、配合は使い慣れている「チヌパワームギスペシャル」と「チヌパワーVSP」を中心に「チヌパワーV10白チヌ」との組み合わせで狙って見ました。鶴見の磯は比較的、透明度の高い水色だったため、後から考えれば白チヌ等の濁りが出る配合エサが良いと感じました。 付けエサは、エサトリに応じてオキアミとネリエサのローテーションで対応。トータル敵には、「くわせオキアミV9(L)」が良かった。

※この記事の情報(釣果や釣り場、釣りエサ等)は、当時の情報に基づいたものです。