釣果検索

  • 対象魚を選ぶ

  • 都道府県

  • 釣り人

  • 釣り方

  • 条件をクリア

2019年06月02日 (日曜日)
クロダイ・チヌ(フカセ釣り) / 宮城県東松島市室浜 / ウキフカセ / フィールドテスター淺野俊彦

釣り人 フィールドテスター淺野俊彦
釣行日時 2019年06月02日 (日曜日) 6:00〜15:00
対象魚 クロダイ・チヌ(フカセ釣り)
釣り場 宮城県東松島市室浜
天候 晴れ
潮回り 大潮
水温 20℃

釣果

クロダイ・チヌ /2尾 /42cm〜47cm

釣り方

ウキフカセ

タックル

ロッド 磯竿0.6号
リール 2000番LBD
ライン 1.5号
ウキ 00
オモリ G3
ハリス 1.5号
ハリ 号〜チヌ針3号

ポイント図

釣果写真

コメント

水温が急上昇したのが原因なのか?1週間前までは少なかったフグ、サバのエサトリが多く釣り辛い状況。
狙うポイントの地形が砂地だったので、コマセを一点に集中し、チヌの回遊をまった。
コマセが効き出したのは、コマセを打ち初めてから30分を過ぎた頃からフグが掛かりはじめ、その後、30分後に1枚目のチヌがヒット。
その後、またフグに付けエサをとられる時間が1時間ほど続いた後、一瞬、フグの活性が弱まった瞬間に2枚目のチヌを追加した。

ヒットした場所は水深2㍍弱と浅く、チヌの引きも強烈であった。

使用エサ

配合エサ:「チヌパワームギスペシャル」×1袋 「チヌパワーVSP」×1袋 生オキアミ3㌔×1枚

付けエサ:「エサ持ちイエロー」 「荒食いブラウン」 「くわせオキアミV9(L)」

ヒットエサ:「荒食いブラウン」

セレクトした配合エサ、付けエサの選択理由と期待する効果、実際の感想など:
エサトリのフグが多く、オキアミが通る時間帯が少なかった。 そのため、ネリエサを大きめ(親指サイズ)に付け、早めの展開で投入回数を増やしてチヌに海面からのホールでアピールした。

※この記事の情報(釣果や釣り場、釣りエサ等)は、当時の情報に基づいたものです。