釣果検索

  • 対象魚を選ぶ

  • 都道府県

  • 釣り人

  • 釣り方

  • 条件をクリア

2019年07月07日 (日曜日)
クロダイ・チヌ(フカセ釣り) / 三重県四日市市霞一文字沖堤防 / ウキフカセ / フィールドスタッフ石黒 昌浩

釣り人 フィールドスタッフ石黒 昌浩
釣行日時 2019年07月07日 (日曜日) 6:00〜10:00
対象魚 クロダイ・チヌ(フカセ釣り)
釣り場 三重県四日市市霞一文字沖堤防
天候 雨→曇り
潮回り 中潮
水温 25℃

釣果

クロダイ・チヌ /2尾 /30cm〜40cm

釣り方

ウキフカセ

タックル

ロッド MH-5.0m
リール 2500LBD
ライン 1.75号
ウキ 超遠投5B
オモリ 4B+2B(ハリスにG5+G5)
ハリス 0.8~1.25号
ハリ 1号〜2号

釣果写真

コメント

8:50上げどまりだったのでスタートからモーニングを期待して3ヒロから探って徐々に深くしていきましたが、結局生命反応があったのは2時間半後のベタ底でカサゴと同じ棚で小振りな30㎝強が釣れました。
スタートから表層だけが左に滑っていたのが止まって右に潮が動き始める直前に、2枚目が同じベタ底で食っていました。
堤防の至る所で蛸が釣れていて、ヘチ釣りの落とし込み師は厳しい状況ですがフカセ釣りであれば複数枚釣果も期待できそうです。

使用エサ

配合エサ:「チヌパワー激重」×1 「チヌパワー日本海」×1 「チヌパワースペシャルMP」×2

付けエサ:「くわせオキアミ食い込みイエロー」 「くわせオキアミスペシャルチヌ」 「高集魚レッド」 「食い渋りイエロー」 「荒食いブラウン」

ヒットエサ:「くわせオキアミスペシャルチヌ」+「高集魚レッド」の複合餌 「くわせオキアミ食い込みイエロー」+「食い渋りイエロー」の複合餌

セレクトした配合エサ、付けエサの選択理由と期待する効果、実際の感想など:
伊勢湾全域で小鯖が大量発生しているので、オキアミやアミエビは入れずに「ニュー活さなきミンチ激荒」は入れようと思いましたが「ニュー活さなきミンチ激荒」も入れず配合餌オンリーでエサ取り対策してみました。 配合餌は「チヌパワースペシャルMP」を入れた後もシッカリ練り込み粘土状にして、表層や中層でバラケず溶け出さずをイメージして投入の際には杓でシッカリ固めて1点集中でポイントを作りました。 付け餌を複合餌にするときは、針のチモトに小さめの練餌を付けていますが今回はいつもの3倍くらいの大きさの練餌を付けて落下速度を早くしました。 最初から底にクロダイを集めようとした配合だったのに、クロダイが浮いているかもしれない?と思い中層から攻めて浮いてない事に気付くのに2時間いじょいうも掛かってしまったのは反省点です。

※この記事の情報(釣果や釣り場、釣りエサ等)は、当時の情報に基づいたものです。