釣果検索

  • 対象魚を選ぶ

  • 都道府県

  • 釣り人

  • 釣り方

  • 条件をクリア

2019年09月28日 (土曜日)
クロダイ・チヌ(かかり釣り) / 静岡県清水港 / 筏・かかり / フィールドスタッフ山本 恭士

釣り人 フィールドスタッフ山本 恭士
釣行日時 2019年09月28日 (土曜日) 7:00〜14:30
対象魚 クロダイ・チヌ(かかり釣り)
釣り場 静岡県清水港
天候 曇り
潮回り 小潮
水温 26℃

釣果

クロダイ・チヌ /2尾 /38cm〜49cm

キビレ/4尾 /35cm〜43cm/

釣り方

筏・かかり

タックル

ロッド 筏竿158
リール 筏用下向きリール
ライン 1.5号
ウキ
オモリ B
ハリス 1.5号
ハリ 4号〜4号

釣果写真

コメント

この時期としては、なかなか行かない深場のポイントで水深は15メール前後。
湾口に面した沖のポイントなので、潮通しが良く速く飛ぶことも有り難しいポイント。
最近、コマセが入っていないので、追い打ちも含めて早いペースでダンゴを入れていく。
潮が1時間位したら緩み、ダンゴの煙幕の切れ目への広角でキビレの大型をゲット。
潮が緩んだらダンゴワークの時間、最大寸の49センチを続けて釣り、外道も寄りたしたその後は同じダンゴ釣りの「活丸さなぎ」で枚数を増やし、ボツりボツり、広角でもキビレの大型を追加する。

使用エサ

配合エサ:おからベース1桶に対して 「荒びきさなぎ徳用」2キロ3分の1袋 「メガミックスチヌ」4分の1袋 「速戦爆寄せダンゴ」3分の1袋 「ニュー活さなぎミンチ激荒」半袋

付けエサ:「くわせオキアミスーパーハード(L)」 「活丸さなぎ」 「ニュー活さなぎミンチ激荒」 「魚玉」 モエビ

ヒットエサ:「くわせオキアミスーパーハード(L)」 「活丸さなぎ」 モエビ

セレクトした配合エサ、付けエサの選択理由と期待する効果、実際の感想など:
この時期の清水港は浅場では小型の数釣りが狙える時期だが、一発狙いで湾口に面した沖堤を選択。 人が入っていなく、コマセが利いていないので濃い配合を意識して、「速戦爆寄せダンゴ」を中心に、「メガミックスチヌ」。清水港では欠かせない「荒びきさなぎ徳用」、時期的にさなぎやコーンも良いので、「ニュー活さなぎミンチ激荒」をセレクト。 濃い配合に加え、いつもより早いペースで団子を入れて行き、早くも1時間位(外道が少ないうち)で結果が出て、キビレの大型を「くわせオキアミスーパーハード(L)」で釣る。その後、外道が寄ってきたらモエビや狙い通りの「活丸さなぎ」で追加。

※この記事の情報(釣果や釣り場、釣りエサ等)は、当時の情報に基づいたものです。