釣果検索

  • 対象魚を選ぶ

  • 都道府県

  • 釣り人

  • 釣り方

  • 条件をクリア

2019年10月26日 (土曜日)
コイ / 秋田県八郎潟 / 吸い込み(コイ) / フィールドスタッフ橋場 信幸

釣り人 フィールドスタッフ橋場 信幸
釣行日時 2019年10月26日 (土曜日) (~2日間) 9:00〜9:00
対象魚 コイ
釣り場 秋田県八郎潟
天候 曇り
潮回り 中潮
水温 16℃

釣果

コイ /6尾 /cm〜73cm

釣り方

吸い込み(コイ)

タックル

ロッド 鯉竿5.2m
リール スピニング5000
ライン 8号号
ウキ
オモリ 30号
ハリス 6号
ハリ ヘアーリグ用ロングシャンク#2号〜フカセ針16号

釣果写真

コメント

色づいた寒風山と白鳥の群れが湖面に映えて強制的に癒される北国、八郎潟。毎週続く大雨で低活性は必至との想定でしたが、水温は3℃上昇していたので『鯉夢想+神通力+粒鯉+アミノ1スプレー』を5個ほど まき入れ、同じダンゴ餌にくわせ餌を『オレンジパンチ・フルーツスパイス・14mm』としてスタート。投入後、1時間内に40㎝台が発生しましたが、冷たい風で波立つとアタリが停止したので『神通力+粒鯉+アミノ1スプレー』にくわせ餌を付けずに空針の吸込み仕掛けにシフトすると50㎝台のアタリが復活。夜間はダンゴ餌とボイリーをまき入れて休竿。翌日は天候に恵まれ再度『鯉夢想+神通力+粒鯉+アミノ1スプレー』に『オレンジパンチ・フルーツスパイス・14mm』として今回の最大寸が発生。フィールドのコンデションにあわせたマルキユーアイテムの選択でアタリを誘発できました。今後は日ごとに水温が低下しますので強力アピールと防寒対策が肝要な季節となります。

使用エサ

配合エサ:「鯉夢想」(1)+「鯉パワー神通力」(1)+「粒鯉」(1)+「アミノ1スプレー」に水(2)から手水で徐々に加水

付けエサ:「クレデンスボイリー オレンジパンチ・フルーツスパイス」14mm

ヒットエサ:「クレデンスボイリー オレンジパンチ・フルーツスパイス」14mm

セレクトした配合エサ、付けエサの選択理由と期待する効果、実際の感想など:
・ダンゴ餌はアタリ優先の強力アピール。 ・「クレデンスボイリー」14㍉(アタリが無ければ空針の吸込みスタイル)

※この記事の情報(釣果や釣り場、釣りエサ等)は、当時の情報に基づいたものです。