釣果検索

  • 対象魚を選ぶ

  • 都道府県

  • 釣り人

  • 釣り方

  • 条件をクリア

2019年11月16日 (土曜日)
コイ / 群馬県鏑川多胡橋 / ボイリー(コイ) / フィールドテスター岸 圭介

釣り人 フィールドテスター岸 圭介
釣行日時 2019年11月16日 (土曜日) (~2日間) 11:30〜16:30
対象魚 コイ
釣り場 群馬県鏑川多胡橋
天候 晴れ
水温 10℃

釣果

コイ /2尾 /58cm〜85cm最大10kg

釣り方

ボイリー(コイ)

タックル

ロッド 鯉竿
リール 両軸リール7000C
ライン ナイロン7号
ウキ
オモリ ナツメ30号
ハリス コーティングライン50lb号
ハリ 号〜カン付きソイ16号

ポイント図

釣果写真

コメント

台風19号の影響で川の様子が全く変わってしまい、地元の鯉釣り師の話しを聞くと全然釣れないと言うので竿を出して見た。まず、底探りを開始上流中流下流と探りを入れた所、自分の斜め前方に流れ込みがあり、その前が以前より深くなっていて、底の状態も非常によくポイントをそこに決め、ヘアリグに「クレデンスボイリーオレンジパンチ14㎜」ダブルでセット。午後3時頃58㎝ゲットし、夜に備えてボイリーローテーション。同じく「クレデンスボイリーオレンジパンチ14㎜」をセレクトし、今度は正面のテトラ際が水深8㍍と深く気温が下がる夜は深場がいいと判断し、撒きエサに「クレデンスボイリーオレンジパンチ14㎜」100㌘ほど使用し、PVAバッグにクラッシャーで細かくしたものを入れ投入。夜中の一時三十分にセンサーが反応し竿の所に行く。上流に向かって竿が曲がっているのである程度のサイズがあると思い、慎重なやり取りで鏑川では大鯉と呼ばれる85㎝10.2㎏をゲット。

使用エサ

配合エサ:

付けエサ:「クレンデスボイリーオレンジパンチ14㎜」

ヒットエサ:「クレンデスボイリーオレンジパンチ14㎜」

セレクトした配合エサ、付けエサの選択理由と期待する効果、実際の感想など:
クレンデスボイリーの中で一番目立つ色なのでアピール力がいいと思い使用した。

※この記事の情報(釣果や釣り場、釣りエサ等)は、当時の情報に基づいたものです。