釣果検索

  • 対象魚を選ぶ

  • 都道府県

  • 釣り人

  • 釣り方

  • 条件をクリア

2020年01月19日 (日曜日)
クロダイ・チヌ(フカセ釣り) / 静岡県浜名湖舞阪エリア / ウキフカセ / フィールドスタッフ石黒 昌浩

釣り人 フィールドスタッフ石黒 昌浩
釣行日時 2020年01月19日 (日曜日) 8:00〜14:30
対象魚 クロダイ・チヌ(フカセ釣り)
釣り場 静岡県浜名湖舞阪エリア
天候 晴れ時々曇り
潮回り 長潮
水温 10℃

釣果

クロダイ・チヌ /3尾 /26cm〜40cm

釣り方

ウキフカセ

タックル

ロッド チヌ竿MH-5.0m
リール 2500LBD
ライン 1.75号
ウキ 棒ウキ超遠投小2B
オモリ 5B+2B
ハリス 1.0~1.5号
ハリ 1号〜4号

釣果写真

コメント

前日、好釣果のポイントは仲間に託して流れのフラットな変化の少ないテクニカルポイントを攻めてみました。
午前中は早目の上げ潮が走ってコマセを砕き、ポイントをボケさせてしまっている状況でチヌどころかエサ取りのフグですら寄せきれていない感じでした。
早目に昼休憩をしてエネルギーチャージをするとともに上げ止まり前のワンチャンスを期待して作戦を組みなおしました。
午後からスタートしてコマセを多めに投入していていると、透け透けの海中に変化が有りました。
小型のボラがコマセ集まりだし、海底には前日同様にチヌが流れが弱くなり海底に溜まったエサを拾い食いしているように群れが出来始め、潮下ではフグの当たりも出だし、直ぐに40センチのチヌをゲットする事が出来ました。
その後、当たりは出るものの10センチ前後のチンタの群れが次々と入り込み、交わすことが出来ませんでしたが、下げ潮が入ってくる寸前に何とかキープサイズを2枚追加出来ました。
釣り座の選択は重要ですが、敢えて条件の整わない難しいポイントを攻めるのも良い経験となりました。
他にも下げ潮に期待できるポイントや大型の居付きが期待できるポイント等々、ノッコミが終わるまでの短期間ですが色々試したいと思います。

使用エサ

配合エサ:「チヌパワー日本海」 「チヌパワースペシャルMP」

付けエサ:「くわせオキアミスーパーハード(L)」の「チヌにこれだ‼」漬け 「くわせオキアミスーパーハード(L)」 「くわせオキアミ食い込みイエロー」

ヒットエサ:「くわせオキアミスーパーハード(L)」で1枚 「くわせオキアミスーパーハード(L)」の「チヌにこれだ‼」漬けで2枚

セレクトした配合エサ、付けエサの選択理由と期待する効果、実際の感想など:
前日の配合から「ナンバー湾チヌⅡ」を抜き潮下までコマセの帯を作り、その中を釣る作戦で挑みましたが、思いのほか流れが速く単調な流れでポイントが薄まってる感じが満載でした。 後半は「チヌパワースペシャルMP」を足して纏まりを良くしてみましたが、粘り過ぎて杓離れも悪くなりましたので纏まりを重視するのであれば「ナンバー湾チヌⅡ」をベースに使った方が良いと思います。 付け餌に関してはエサ取りのフグも左程居ないので、色や大きさや硬さの違うオキアミを複数持って行って、ローテーションし反応の良いオキアミを軸に攻めるのが今のこの釣り場には良いように感じました。 流れの比較的弱いところや淀むポイントなどであれば、サナギやコーンや練り餌などの大き目の餌も効果があるかと思います。

※この記事の情報(釣果や釣り場、釣りエサ等)は、当時の情報に基づいたものです。