釣果検索

  • 対象魚を選ぶ

  • 都道府県

  • 釣り人

  • 釣り方

  • 条件をクリア

2020年02月15日 (土曜日)
メジナ・グレ・クロ / 神奈川県三浦市 城ケ島 猪ノ子島ワンド / ウキフカセ / アドバイザー塩田 哲雄

釣り人 アドバイザー塩田 哲雄
釣行日時 2020年02月15日 (土曜日) 13:00〜19:30
対象魚 メジナ・グレ・クロ
釣り場 神奈川県三浦市 城ケ島 猪ノ子島ワンド
天候 曇り→時々晴れ
潮回り 小潮
水温 16.8℃

釣果

メジナ・グレ・クロ /3尾 /32cm〜36cm

釣り方

ウキフカセ

タックル

ロッド 1号5m
リール 2000番レバーブレーキタイプ
ライン 1.5号
ウキ G8号と00号
オモリ G5とG7
ハリス 1.7号
ハリ 3号〜6号

釣果写真

コメント

前回12日に同じ場所へ釣行した際は西南西最大18mの強風が吹き荒れ、2時間の釣りで撤収。今回はリベンジも兼ねて同じ城ケ島の地磯へと釣行した。昼過ぎに釣り場に到着して、ポイントを見て回るが空いている場所は流石に土曜日と好天が重なりどこも大入り満員。関東近郊の自然が豊かで交通網も便利な城ケ島は近年多くの観光客が訪れて賑わっている。丁度いい具合に釣り場を後にするグループがいて、空いたポイントへ入ることにした。翌日から天気があまり良くない予報で、せっかくのお休み思いっ切り釣り三昧と考えていたので今日は日没後もやる予定で支度をしてきた。コンビニで昼と夜用のお弁当に釣り道具は夜釣り用のライトや電気ウキ。久しぶりに子供の頃のようなノリノリ気分。釣りはいろいろな楽しみができるから未だにはまっているのかもしれない。釣り場は確保できたので先ずはコマセを作る。作りながら潮の状態、先行者の釣り方も見ながら自分の狙うポイントや仕掛けをどう組むかなどを考える。沖からゆっくり入り江の中に差し込む潮が磯際へと当ててワンド奥に。そこで先ずはG8号のウキで上潮と底潮を見極める作業をした。ほぼ見た目の流れ方を確認。潮の速度に合わせて沖に振り込んだ仕掛けを、磯際から少しオーバーハングした下へと差し込ませる。コマセを打つ位置はごく少量を左手磯際へ。ここまで狙い方が分かってから初めて本番の釣りを開始。コマセを撒く、すぐに仕掛けは投入せず、コマセが沈んでいく状態を目で終える限界まで見極める。何回か同じ作業を繰り返しているとコマセのオキアミを食いに下の方で小さなキタマクラが数匹確認できた。次はコマセと一緒に潮下へ行ったキタマクラを潮上に打つコマセに戻るまで待ってから仕掛けの投入を行った。完璧にキタマクラの攻撃網からは逃れられないが、たまにはサシエサが残るのでそのタイミングに本命のメジナが食って来るように一連の動作を繰り返し行った。サイズこそ尾長メジナ32㎝、口太メジナ35㎝と36㎝ですが、水温が14度台にまで低下していた海が17度近くまで上昇して少し厳しい状況での釣果に、12日のリベンジが少しは出来たのかな。慣れない夜釣りは満天の星空を見ながらおにぎり弁当。肝心の魚は41㎝の大アジを釣ることができて良いお土産となりました。

使用エサ

配合エサ:オキアミ3kg+「グレパワーVSP」+「グレパワー沖撃ちスペシャル」各1袋

付けエサ:「くわせオキアミスペシャル(M)」+「アミノ酸α」

ヒットエサ:「くわせオキアミスペシャル(M)」+「アミノ酸α」

セレクトした配合エサ、付けエサの選択理由と期待する効果、実際の感想など:
地磯釣行ということから、どんな所(根周り、磯際、遠投など)を狙う釣り場になるか分からないため、遠投効果が高い新製品の「グレパワー沖撃ちスペシャル」をメインエサに、集魚効果がありながらベースエサとしても効果的な「グレパワーVSP」のブレンドパターンを持参した。今回の釣り場は主に磯際しか狙わないポイントなので、海水を少し多目に入れてバラケを優先して作った。コマセの沈下速度を調整しやすく、どうコマセが沈んでいくかよく視認できて最高の使い心地。納得がいくコマセで良い釣果を出すことができた。

※この記事の情報(釣果や釣り場、釣りエサ等)は、当時の情報に基づいたものです。