釣果検索

  • 対象魚を選ぶ

  • 都道府県

  • 釣り人

  • 釣り方

  • 条件をクリア

2020年03月16日 (月曜日)
メジナ・グレ・クロ / 神奈川県三浦市三崎町城ケ島 猪の子島ワンド&イツセノカド / ウキフカセ / アドバイザー塩田 哲雄

釣り人 アドバイザー塩田 哲雄
釣行日時 2020年03月16日 (月曜日) 13:30〜17:30
対象魚 メジナ・グレ・クロ
釣り場 神奈川県三浦市三崎町城ケ島 猪の子島ワンド&イツセノカド
天候 晴れ
潮回り 小潮
水温 14.3℃

釣果

メジナ・グレ・クロ /6尾 /27cm〜33cm

釣り方

ウキフカセ

タックル

ロッド 1号5m
リール 2000番レバーブレーキタイプ
ライン 1.5号
ウキ 0
オモリ G7
ハリス 1.2号
ハリ 4号〜号

ポイント図

釣果写真

コメント

ここの所、三浦半島城ヶ島のメジナ釣りにハマっている。今季はまだ良型と呼べるサイズは出せていないが、産卵を控えて体高と身の厚みが増しているメジナをあれこれ考えながら1匹1匹釣り上げる過程は推理ゲームだ。この日もお昼過ぎに城ヶ島のポイントへ到着。運良く入りたかった場所は空いていた。しかし、遠く江ノ島方向の空を見ると真っ黒な雲とその下では雨がかなり降っているようだ。急いでコマセを作ってから、濡らしたくない道具類はキーパーバッカンの中に仕舞い、岩の窪みへ押し込んで濡れないようにした。程なくして北北西16mの爆風が吹き出し、雨も降り出したのだがあまりに風が強いため、雨は真横に降り落ちていた。30分ほど岩陰で我慢をして天気が落ち着いたところで釣りを始めた。しかし、水温が低下した影響なのか魚の反応が全くない。それどころか、また風が強烈に吹き出す。あっという間に海上はまるでサラシ場のように真っ白となる。全く釣りにならなくなったため、イツセノカドへと移動した。すでに時間は午後4時。磯際にコマセを入れてエサ取りの動きを見ると何も出てこない。それでも30分ほどするとボラの群れがコマセに寄りだした。フグのエサ取りはこれでクリアーできるし、メジナも狙い易いので、ボラの動きを見ながら磯際と沖のポイントにコマセを入れるタイミング、仕掛け投入のタイミングをその都度謀りながら狙った。その甲斐あって今日はボウズ覚悟(急激な悪天候による)であったがどうにか6枚、サイズはひとまず置いといて、本命のメジナを釣り上げることが出来て良かった。ただ課題として、竿先までひったくるようなアタリは皆無で、全てしっかりとアタリと認識して掛け合わせないと釣ることができなかった。かなりスバリも引いたので次回の課題だ。三浦のメジナ釣りはこれだから面白い。

使用エサ

配合エサ:オキアミ3kg+「グレパワー沖撃ちスペシャル」+「グレパワーVSP」 各一袋

付けエサ:「特鮮むきエビ」+「アミノ酸α」

ヒットエサ:「特鮮むきエビ」をグレハリ4号が隠れるくらいの大きさに切り、「アミノ酸α」をまぶして1時間ほど置いたものを使用した。前回釣行した際に「くわせオキアミスペシャル」を使用して効果はあったのだが、もう少しエサ持ちを良くしてメジナのタナへサシエサを届けたいと考えて今回のサシエサを選んだ。結果から見れば抜群に効果的であった。

セレクトした配合エサ、付けエサの選択理由と期待する効果、実際の感想など:
ヒットエサの欄で記入したが、サシエサにしてもコマセにしても一手間をかけると効果が上がる場合がある。その一手間とは、初めての釣り場ではなかなか難しいことだが、何度も通っている釣り場だとある程度その季節や海の状態などが予想できるので、そこに合わせた配合のブレンドパターンやサシエサをどう準備して行くかなど考えて持参している。準備したことが当たらないことも多いが、的中して釣れた時の喜びはたまらないものだ。

※この記事の情報(釣果や釣り場、釣りエサ等)は、当時の情報に基づいたものです。